あすへの輪をつなぐ5-EN(ごえん)ブログ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
映画
最近見た映画のお気に入り2本です★
top[1]
やさしい気持ちになる 素敵な映画でした!

もう1本は。。。
Curtis29[1] 2012012F152F282Ff0221528_3203367[1]
ドキュメンタリー映画「ホピの予言」

ヒロシマ、ナガサキに投下された原子爆弾は、アメリカ・インディアン最古の民、
ホピ族の聖地から掘り出されたウランから造られたものだった。その彼らの間
には、数千年の昔から、偉大なる聖霊から与えられた謎の予言の石版がある。
そして、そこには驚くべきことに「灰のびっしりつまったヒョウタン」と呼ばれたヒロ
シマ、ナガサキの原爆投下を始め、第一次、第二次世界大戦、更には、来たる
べき人類とこの文明の破滅と再生が予言されているのだ。いま、彼らは、その
予言の中に告げられた人類存亡の最終的危機と、それを乗り越える道を、世界
の人達に映画を通して訴え始めたのだ。この映画は、監督の宮田雪が、ホピ族
を代表する予言のメッセンジャー、トーマス・バニヤッカに出会ったことによって
始まり、約七年の歳月を経て、完成した。第十二回のアメリカ・インディアン・フィ
ルム・フェスティバルで最優秀ドキュメンタリー大賞を受賞し、日本ばかりでなく、
アメリカ、ヨーロッパでも上映され大反響を呼んでいる。1986年作 75分
(ビデオの解説より引用)

昨年起こった福島での原発事故からもうすぐ1年経ちます。
この映画はタイトル通り、それを予言していた事を
観た人はまさしく痛感するでしょう。そしてその先にある人類の未来は。。

世界的にみても貴重なこの映画を是非観て頂きたいと思います。

宮脇崇成(JUZU a.k.a. MOOCHY/NXS/CROSSPOINT)
http://hoshimeguri.com/landandlife/index.htm
映画「ホピの予言」について/監督 宮田 雪


もし機会があったら 是非見ていただきたい映画です。

インディアンの中でも最も神聖な民族 ホピ族は教えてくれます。
地球を敬い 
そのすべてのいのちを敬い 
母なる大地の上を優しく歩くこと
を。
スポンサーサイト
【2012/02/08 01:06】 UNOcafe' | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<カントッチョ | ホーム | raw chocolate>>
comments
comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://goendayo.blog97.fc2.com/tb.php/196-4201e08b
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。